読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットのライオン

よく読み よく書く

アクションリーディング

読書短縮メモ

 またもや、ブログ更新の時間が空いてしまいました。2015年4月29日以来ですが、その間も結構な数の本を読んでいますけど、今回紹介する本でブログ再開を誓うことになりました。

 

 その本が、赤羽雄二さんの「アクションリーディング 1日30分でも自分を変える"行動読書"」です。

アクションリーディング 1日30分でも自分を変える

アクションリーディング 1日30分でも自分を変える"行動読書"

 

 本を読みっぱなしでまったく行動につなげられない日々が続いている人に、おすすめの本です。赤羽さんの書籍は、「ゼロ秒思考」や「世界基準の上司」などいくつか読みましたが、私個人のベストヒット本です。

 

 行動読書と書かれている通り、本を読むだけではなく行動につなげられるようにする方法論が語られています。

方法は簡単に記すと…

 まず、読書をする際、用意するものとして

  • 読書する本
  • 黄色のマーカー

 読書中に、「なるほど」「うまい表現」「洞察や知恵のある内容」に黄色のマーカーで線を引きます。また、線を引いたページの右上の耳を必ず折ります。

 読書直後は、思いつく限りのメモを書きます。また、チャンレンジシートと呼ばれるシートに内容(読んだ目的・ねらい、読んでよかったこと・感じたこと、読んで今から何をするか、3か月後には何をするか・どうなっていたいか)を記入。最後に、本の最初のページに「読んだ日付」と「本の評価(◎◯△☓)」を記述します。

 一週間・3か月後に、チャレンジシートに記述した内容の進捗を確認します。

 半年後、またチャレンジシートを確認し、場合によっては読書した本を再読します。

 

 この本の真髄は別の点ですが、仕事で成果を出して、評価を上げたい方や自分の成長を実感したい方は本を読んでみてください。

 

    最後に、一番印象に残ったP.40の言葉を書いておきます。

人は何歳になっても成長します。

アクションリーディング 1日30分でも自分を変える

アクションリーディング 1日30分でも自分を変える"行動読書"